キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 未成年者のバイク買取 : バイク買い取りとその種類

未成年者のバイク買取

バイク買い取りとその種類

同意書は、バイク買取業者のサイトで、ダウンロードして印刷できるので、店舗までいかなくてもネット上から入手することができます。

バイク買取とその種類メイン画像

未成年者のバイク買取

バイク買取業者のサイトでは、買取に関する知識や流れをとても詳しく説明しています。

バイクを専門に扱っている業者もあれば、バイクだけでなく車を扱っている業者もあります。

現在日本では、普通2輪免許は16歳から取得できるようになっています。

たとえば、バイク買取業者に依頼をする際に、未成年者の場合はどのような扱いになるのでしょうか?

未成年者の場合、保護者の承諾書または、同意書があれば可能となります。

未成年者がバイク買取業者にバイクを売る場合、同意書と身分証明書が必要になります。

同意書というのは、未成年者の保護者がバイク買取業者にバイクを売ることを承諾する、同意するという意思表示で、保護者の署名と捺印が必要になります。

所有しているバイクの名称、車台番号、ナンバープレート、住所、氏名などを記入します。

同意書の様式はそれぞれの業者により異なると思いますが、だいたいこのような内容になります。

保護者の身分証明書は、運転免許証、パスポート、保険証などが必要になります。

この時に保護者は同伴する必要はありませんが、業者によっては保護者に連絡を取って確認するなどの方法をとっています。

未成年者が保護者に内緒でバイクを売ろうとしても、電話確認することによりチェックできます。

同意書は、バイク買取業者のサイトで、ダウンロードして印刷できるので、店舗までいかなくてもネット上から入手することができます。

Google
www を検索 バイク買い取りとその種類を検索
(C) www.floydgentry.com. All Rights Reserved.