走行距離とバイク買取価格

バイク買い取りとその種類

走行距離が多くなると買取額は下がるのですが、それでも買い取ってくれる業者はあります。

バイク買取とその種類メイン画像

走行距離とバイク買取価格

バイクを売る時に、走行距離は査定に関係あるのでしょうか。

バイクを売る時や買い替える時に走行距離がどう関係してくるのでしょう。

そのことについて調べてみました。

【バイクの走行距離と寿命】

バイクは買ってからどれくらい経ったかというのではなく、どれくらい走ったかという走行距離で寿命が決まります。

走行距離が多ければ多いほど、寿命が迫っているということですね。

最近のバイクは性能が良くなっているため寿命は延びてきていると言われていますが、一般的にバイクなら4万kmから6万kmくらいで寿命だとされています。

しかし、愛着を持って定期的にきちんとメンテナンスをしていれば、走行距離が多くてもまだまだ使えますし、バイクを売る時も良い値段が付く可能性があります。

【走行距離と査定価格】

走行距離が多いとバイク買取時の査定額は下がるだろうというのは予想できますね。

しかし、バイクは車種や年式によって査定価格に影響するもの、しないものとがあります。

少しでも高く売りたいと考えているなら、できるだけ早めに売るのが良いのですが、走行距離が多いからと言ってバイク買取業者に出すのを諦めることはありません。

【業者選びが重要】

バイク買取の際の査定では、年式と走行距離が重視されます。

基本は、走行距離が少なくて新しいバイクが高く売れるのです。

しかし、古くなったとか走行距離が多くなったというのは、それだけ大切に乗ったということですから仕方がないことですよね。

走行距離が多くなったバイクでも高値で買い取ってくれる業者(特に大手)はありますから、業者選びが重要だと言えるでしょう。

Google
www を検索 バイク買い取りとその種類を検索
(C) www.floydgentry.com. All Rights Reserved.